(define -ayalog '())

括弧に魅せられて道を外した名前のないプログラマ

_.memoizeを読んだ。

読んだ。

普段からコードリーディングする方じゃないけど、メモ化の実装が気になったのでunderscore.jsのmemoize実装を読んだ。

// Memoize an expensive function by storing its results.
_.memoize = function(func, hasher) {
  var memo = {};
  hasher || (hasher = _.identity);
  return function() {
    var key = hasher.apply(this, arguments);
    return _.has(memo, key) ? memo[key] : (memo[key] = func.apply(this, arguments));
  };
};

やってることは凄く簡単でクロージャでハッシュテーブル*1memoを用意する。
ハッシュ関数hasher*2はデフォルトがf(x) = x*3なので、気にしないとりあえずok。
apply呼び出しによってこの関数に渡される引数の配列arguments*4をhasherに渡す。渡した結果がkeyに渡され、最後にハッシュテーブルmemoの中に、keyが存在するかを確認し存在すればmemoから取り出し、そうでなければ被メモ化関数funcをapply呼び出ししハッシュテーブルへと計算結果を保存する。(てか、最後(memo[key] = func.apply(this, arguments))って書いてあるけど分かり難いからこの書き方好きじゃない。式なので結果が返るようになっているんだけど、単純に代入しているだけに見えるので嫌)

JavaScriptを知っていれば、比較的読みやすいし意味も分かりやすい。にしても、underscore.jsの中でunderscore.jsが使われているのマジでイカス。_.hasとか_.identityね。hasに至ってはhasOwnPropertyのシンタックスシュガーだし、そういう地味な工夫で読みやすくなるんだから嬉しい。

書いた。

どうせなので、coffeeで書きなおしてみた。hasherは良く分からないので省略した。

has = (obj, key) ->
  hasOwnProperty.call(obj, key)

identity = (value) -> value

memoize = (func) ->
  memo = {}
  return () ->
    key = identity.apply(@, arguments)
    return if has(memo, key) then memo[key] else memo[key] = func.apply(@, arguments)

使った。

fib = memoize (n) ->
  if n < 2 then n else fib(n-1) + fib(n-2)
# => 354224848179262000000

*1:JavaScriptの語彙だと、ただのオブジェクトだけど

*2:hasherが何の為にあるのかいまいち分からない。

*3:identity

*4:argumentsは'配列のようなもの'

広告を非表示にする