読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(define -ayalog '())

括弧に魅せられて道を外した名前のないプログラマ

Rubyで作る奇妙なプログラミング言語を読んだ

ほい。読みました。Esoteric Languageを題材にした珍しい本ですね。前々からずっと読んでみたいと思っていたんだけれども、復刊されるまでなかなか手を出せないでいました。で、復刊されたしってことでとりあえず買うことにしたわけです。

Brainf*ckは書きました。Whitespace以降は書いてないです。書きたいです。CoffeeScriptで(ぉ
この本を読みながらプログラミング言語を書くときの言語は読み替えることが出来れば別にRubyである必要は全然ないです。これ読めばたぶん自分の好きな言語でEsoteric Languageないし、何かしら言語を作れると思います。プログラミング言語でどうやって構文解析するとか、なんというかそういうノウハウ的なものを知ることが出来る本ですね。比較的薄いですし、あとはコードの量が多いので実装する分には困らないかと。

前半でBrainf*ckとWhitespaceを説明&実装して、その後にオリジナルの言語を仕様を考えながら作るって感じかな。言語の実装に興味ある人には勧めますが、それ以外では特に勧める要素ないかなって感じです。あー、でも何か作ってみたいけど作りたいものがないとかって人にはオススメ出来るかも。うん。

あと、今更気付いたけど著者の人、BiwaSchemeの人なのね…。