読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(define -ayalog '())

括弧に魅せられて道を外した名前のないプログラマ

最近、仕事で目指しているもの/こと

なんとなくそんな話を新卒の友達と話していたから、ちょこっと書いてみる。

まだ僕が若かった頃の話

5年位前、僕がまだ若くて初めて入社した会社にいた頃は、「この会社で一番の技術者になる」みたいな目標/野心的な何かを持っていた。
まぁよくある話というか若いからこそ、将来とかそういうの全く考えていなかったから向こう見ずというか、とにかく我武者羅に頑張るみたいな目標を持てたんだと思う。情熱的すぎて眩しいわ、若い頃の自分。
とにかく入社したてって何が正解かわからないし、目標とかそういうの見つけ難くて、「とりあえず先輩/上司を目標」にしがちなんだだと思う。悪くはないんだけどね、自分のこととか将来のこととか何も考えてないよね。勿論、「xxで一番のxxになる」とかってそれなりに具体的でいいんだけど、それだけじゃあなんかね。うん。

最近の自分

とりあえず、最近は「楽しく仕事することが出来るようにする」というのを目指している。いや、今既に仕事してて楽しいんだけど、もっと楽しく仕事するために/将来もずっと楽しく仕事をするために自分が今したほうがいいことをしている。僕の人生は仕事だけではないし、仕事を楽しく出来ないなんて僕は嫌なので、仕事を楽しくするというのは絶対外せない。最近はそうでもないのかなーって気はするけど、前の会社とかでは「仕事は楽しくなくて当たり前だ」という [ピーッ] みたいな考え方を押し付けられてきたので、そういうくだらない考え方に縛られずに生きていきたい。
例えば、仕事していく中で外国人がチームにいるから、英語でコミュニケーション取れたほうが絶対に楽しいはず、だから僕は英語を勉強する。例えば、将来もっと楽しい場所で仕事が出来るようなるために、もっと自分の技術力を磨く。簡単に言えば、楽しく仕事をするための選択肢を増やしていく、そんなことをしている。そうすればもっと楽しく仕事が出来るはず。

だから、今の僕には「仕事の上に目指すもの」というのはあまりなく、公私ともに「楽しいを追求する」みたいな感じ。
仕事は生活の一部、よく言われることだけどだからこそ「楽しい」ものにしていたい。